生活費を安く抑えたい » Uncategorized » お金を増やす考え方

お金を増やす考え方

読了までの目安時間:約 2分

 

お金を増やすには貯金や投資、起業して会社経営などいろいろな方法がありますが、いずれにしてもお金の管理を厳密にするところから始めないといけません。

収入がいくらで支出がいくらかということを把握し、収支がプラスでないとお金は増えていかないのは誰でも分かることだと思います。

 

ただ増える割合やペースといったところを考えると単純に貯金のように貯めるだけでは大きく増やすには時間がかかってしまう場合が多いようです。

特に会社経営では無借金経営というのはある意味では評価されますが、ある意味では投資などへの意欲が低く、

大きな成長が認められないという評価になることもあるというのは一般的な日本人からすると意外かもしれません。

特に経営という部分ではギャンブルのために借金するのとは似ているようで違い、企業の成長のために借金をするということは経営方針としても普通のことといえます。

 

このようにみると借金もお金を増やすために肯定されるということにもなりますが、そこはやはりリスクというものが存在します。

そのリスクをできるだけ低く抑えるためにリスク分散という発想があります。

資産を分散させたり、投資分野をひとまとめにせずに違う分野に分けるといったこともよくあることです。

お金を増やす考え方も単純に貯金だけではなくもっと広い視野が必要だということです。

 

この記事に関連する記事一覧